遠隔ヒーリングとは何か。ヒーラーの私が全て解説します

目次

遠隔ヒーリングとは何なのか

「遠隔ヒーリングは聞いたことはあってもよく知らない」

「遠隔ヒーリングって怪しい」

「ヒーリングの効果は本当なのか嘘なのか分からない」

などなど遠隔ヒーリングに対する知識は人それぞれだと思います。

この記事では、そもそもヒーリングとは何なのか、それを離れた場所から行う遠隔ヒーリングとはどう行うのか、などなど基礎的なことから分かりやすく解説していくので安心してくださいね。

ヒーリングは人類の歴史でずっと行われてきた

ヒーリングとは「癒し」を意味する単語です。一般的には宇宙のエネルギーを利用して悩みや不調を治療する方法を指します。

こうした宇宙のエネルギーによって癒しを施す人々は大昔からいました。シャーマン、祈祷師と呼ばれることもありますね。

でも宇宙のエネルギーによる癒しといっても何のことかイメージしづらいかもしれません。

そもそも人は宇宙と繋がっている存在です。人は宇宙の中に存在する地球に住んでいるのだから当たり前ですよね。

そして、宇宙には時間や空間を超越するエネルギーが存在しています。

これらは普段私たちが意識することはできませんが、「特別な雰囲気を感じる」「あの人には特別なオーラある」といった時には私たちもこのタイプのエネルギーを感じているんですよ。

こうした宇宙の高次元のエネルギーのやりとりがヒーリングです。このエネルギーによってもたらされる癒しは精神と身体のどちらにも有効です。

ヒーラーは宇宙のエネルギーを送信できる人

ヒーラーはエネルギーを伝えることができる人のことです。

もちろん訓練を積めば誰でもヒーリングはできるようになりますが、普段、高次元のエネルギーを感じたことがない人だと自分で行うのは難しいのが現実です。

「霊感が強くエネルギーの過多が分かる人」「直感に従って特定の場所に行きたがらない子供」がいますが、こうした人々は無意識にエネルギーを認識できるのでヒーリングの素質が高い人たちです。

遠隔ヒーリングのやり方

ヒーリングを行うためには、「人」と「目的」の決定が必要です。

ヒーリィ(=ヒーリングを受ける人)は、ヒーラーに自分がヒーリングを受けたいこと、またヒーリングで何を解決したいのかという目的を事前に伝えましょう。

そしてヒーリングを受け取る状態になってから言葉に出して遠隔ヒーリングを受け取る宣言をします。

ヒーラー(=ヒーリングを行う人)は、対象者と目的が特定できればヒーリングを行うことができます。

先ほど説明したことからも分かるように、高次元のエネルギーは時間や空間を超越できるので、離れた場所からでも実施できます。これが遠隔ヒーリングです。

遠隔ヒーリングを受け取るために必要な2つのこと

遠隔ヒーリングをより確実に受け取るために、これから説明する2つのことを心がけてみましょう。

1つ目が、適切な精神状態を作るということです。ヒーリングを行う際には、心を落ち着けて相手からエネルギーを受け取るための精神を作りましょう。

どのような精神状態をイメージすればいいのか分かりにくいという人は、親や好きな人に抱いてもらったり一緒に寝たりしていた時の心の状態を思い出してみてください。

愛(=人が持つ最も強いエネルギーの一つ)を受け入れている状態は、ヒーリングを受け取る時にあるべき精神状態にとても近いのです。

2つ目が適切な環境を作るということです。

周りに人がいてうるさい状況では、ヒーラーからのエネルギーが届きにくい、ということが分かっていただけるのではないでしょうか。

ベット等に横になって行うことが一般的で、静かな部屋で行われることが大半です。

ヒーリングはヒーラーが指定した場所に行って行うこともありますが、初めて行った慣れない場所で心を落ち着けるのはなかなか難しいですよね。

自宅で行うことができて、より心を落ち着けた状態でエネルギーを受け取れるからこそ、遠隔ヒーリングは注目されているのですね。

遠隔ヒーリングの効果

遠隔ヒーリングをおすすめしたい人の例を挙げてみます。

  • 体調が悪い
  • 精神的に参っている
  • つわりで苦痛を感じている
  • 失恋して立ち直れない

こうした悩みを抱えている人であれば、あなたの身内の人でもヒーリングを行うことは可能です。この場合もヒーリィの特定と目的の決定が必要になります。

遠隔ヒーリングでよく現れる効果として次のようなものがあります。

  • 悩んでいたが心が軽くなった
  • 体の不調がいつのまにか無くなっていた
  • 怖かったものが怖くなくなった
  • トラウマを気にせず前向きに生きられるようになった
  • 失恋から立ち直り落ち着いて過ごせるようになった

遠隔ヒーリングを行っている最中、遠隔ヒーリングが終わった後に自覚する現象として以下のようなものがあります。

  • フワッと体が軽くなる感覚がある
  • 酔いにも似たようなクラっとした程よい気持ち良さがある
  • ふと昔のことを思い出す
  • なんらかのメッセージが思い浮かぶ

ただしこうした身体的、精神的感覚を感じない人もいます。ヒーリングの効果が実感できるまでの時間には個人差があり、一般的には数日〜1週間、場合によっては1ヶ月近くかかる人もいるのです。

遠隔ヒーリングのメリット

遠隔ヒーリングはヒーリィとヒーラーの双方にとって大きなメリットがあります。

ヒーリィはわざわざ遠くに出向かなくてもよい、というメリットがあります。

ヒーラーが近くにいないことが多いので時間や交通費がかかっていまいます。また自分で場所を選ぶことができるので、よりリラックスした状態で行えます。

ヒーラーはより多くのヒーリングを行うことができる、というメリットがあります。

まだまだ日本にはヒーラーが少ないので、希望者に対して一人ひとりヒーリングを行っていると間に合わないという状態が生じています。

対面でヒーリングを行うと少なくとも20〜30分がかかります。ヒーリィの方が高次元のエネルギーを受け取ることに慣れていない場合が多いので、適切な精神状態になるまでに時間がかかってしまうのですね。

それに対して遠隔ヒーリングでヒーラーに必要な時間は数十秒ほどです。実はエネルギーを送ること自体に時間はほとんどかからないのです。

遠隔ヒーリングでは、ヒーリィの精神状態が整ったことが認識できてからエネルギーを送ればよいでの時間短縮になります。

こうしてヒーラーはより多くの人にヒーリングを行い、悩みや不調の手助けをすることができます。

目次
閉じる