ツインレイにおける真実の愛の特徴、確認方法【伝える、受け取る関係ではない】

目次

ツインレイにおける真実の愛の特徴【狂おしいほどの愛とも言われます】

ツインレイにおける真実の愛とは、他のどんな種類の愛とも違うものです。

一口に愛といっても、実はいろんな種類があります。

恋人に対する愛、親の子供に対する愛、兄弟や親戚に対する愛。

親しい友人、先生や教え子、良い関係の上司や部下にもある種の愛があるはずです。

しかし、ツインレイにおける真実の愛とは、これら全てを合わせてような愛なのです。

好きな男性に向ける愛のようでもあり、母親への愛のようでもあり、親友に対する愛のようでもある。

単なる「好き」「恋」「愛」という言葉では片付けられないからこそ、真実の愛、狂おしいほどの愛とも呼ばれるのですね。

ツインレイの愛は、伝える、受け取る関係ではない

普通の恋愛であれば、「自分の好きな気持ちを伝える」「相手からの愛を受け取る」といったような関係性になるでしょう。

これは、少なからず「相手に好きになってほしい」「自分のことを支えてほしい」という気持ちを内包しています。

しかし、ツインレイにおける愛は、伝える、与える、受け取るといったものではないのです。

例えるならば、愛が存在するだけ、愛の中にいてそこに包まれているような関係です。

一緒に愛を実践していき、感じて、2人で大きくしていくのですね。

ツインレイの愛の確認方法

ツインレイの愛は前述したような特徴がありますが、それを確認するためには出会い方に注目するとよいでしょう。

特別な関係なので、出会った時の様子や感覚も特別なのです。

「ツインレイであればこう出会う」という法則のようなものはありませんが、ある程度の傾向があります。

既視感がある

ツインレイの2人はもともと1つの魂でした。

そのため、初めて会った時でも既視感を感じる方、安心感を持つ方が多いです。

出会ってから時間が経っていないのに、落ち着くことができる、幸福感を感じることもあるでしょう。

偶然が重なって出会う

ツインレイとの出会い方は偶然であることが多いです。

例えば、友人や同僚の代理で行った場所で出会うなど、予定外のことが起きて出会いが発生するのです。

場合によっては、誰かが導いてくれたように感じられたり、悪いことが重なっていたと思っていたらその反発でツインレイと出会うこともあります。

ツインレイに対する感情は恋とは違う特別なものです。

会った瞬間のことを、「この人だ」「ビビッときた」と表現される方が多いですね。

単なる一目惚れではなく、より深い愛の感情を一瞬で感じてしまうようなイメージです。

難しいタイミングで出会う

「わざわざこんなタイミングで出会わなくてもいいのに」「既婚の状態でこんな感情を持っていいのかな」

ツインレイに出会った時にこうした感情を持つ方は少なくありません。

というのも、ツインレイが一緒になるのは、魂の波動がある程度高くなって、統合が近づいている時です。

そのため、人生で様々な経験をしていて、魂も成熟しつつあるのですね。

人によっては、結婚している、幸せな家庭を築いているという方もいるでしょう。

そうした状況で、ツインレイによってもたらせれる強い感情の動きに困惑してしまうのです。

ツインレイの愛における男性と女性の違い

ツインレイにおいて、男性はその関係に気づくのが遅く、女性が気づくのが早いという特徴はあるものの、一度ツインレイ同士の関係が築かれると、実はその本質にあまり違いはありません。

一般的な恋愛においては、男性が引っ張る、強さを発揮する、女性が豊かな優しさを育む、包み込むようなおおらかさを持つという役割がなんとなくあると思います。

ツインレイの場合は、どちらも魂が成熟に向かっているので、男性性と女性性を内包した者同士の関係です。

もちろん、愛を感じれば、女性は美しくなりたい、男性は強くありたい、といった感情を持つことはあります。

ただ、ツインレイの方々はそれと同時に男性性と女性性を同時に高めていく傾向にあります。

強さもあり、優しさもあり、包み込むような愛もあるようなイメージです。

性のバランスが良いからこそ全ての合わせたようなツインレイの愛が実践できるのですね。

ツインレイに関するご相談はこちら

ツインレイと出会ったとしても、そのご縁に気づいていなかったり、お相手様を遠ざける言動を繰り返したりして、ツインレイと永遠に別れてしまう方も少なくありません。

「ツインレイを一緒になれない不幸を減らしたい」

そんな思いで、この記事の執筆者である今吉令によるツインレイやツインソウルのご相談を承っています。

ココナラのツインレイ相談ページを見る>>

(ココナラは100万人以上が利用する日本最大級のスキルマーケットサイトです)
目次
閉じる