7つのチャクラそれぞれの色・場所・名前・特徴をまとめました

目次
スピリチュアルの読みものサイト「スピネス」へようこそ♪
鑑定士/ヒーラーの今吉令が解説いたします。

チャクラは霊的エネルギーの出入り口

チャクラと霊的エネルギーの存在は、世界の様々な地域で伝えられてきました。

霊的なエネルギーは、日本では「レイキ」、中国では「気」、インドでは「プラナ」と呼ばれます。

これらは全て同じものを指しており、生命を維持するために必要な基本的なエネルギーです。

こうした霊的エネルギーの出入り口となるのが、チャクラです。

チャクラとは、サンスクリット語で車輪を意味します。

円形状で霊的エネルギーが出入りする時にまるで車輪のように回転するのでこのように名付けられたと考えられます。

メインのチャクラは7つはあり、大半のエネルギーは7つのチャクラを通して出入りしています。

7つのチャクラそれぞれの色・場所・名前・特徴

たくさんあるチャクラ全体の働きを総称して、チャクラシステムと呼ぶことがあります。

個々のチャクラを活性化して、チャクラシステム全体を整えることで、精神と肉体の健康に近づいていくことができます。

チャクラは身体の中心線に沿って以下のように並んでいます。

7つのチャクラそれぞれの色・場所・名前・特徴

第1チャクラ(ルートチャクラ)

ルートチャクラは、骨盤のあたり、正確には性器と肛門の間に位置しています。

私たちが生存するための基本的なエネルギーをもたらしているチャクラです。

地球とつながり確かな肉体感覚を持って生きたい時、つまりグラウンディングしたい時にも役立ちます。

第2チャクラ(セイクラル・チャクラ)

セイクラル・チャクラは、丹田(おへその数センチ下)に位置しています。

性欲や生殖機能を司っています。

物事に向き合う情熱など、感情にも影響をもたらします。

第3チャクラ(ソーラープレクサスチャクラ)

ソーラープレクサスチャクラは、みぞおちのあたりにあるチャクラです。

人格や意志を司ります。

私たちの感情は、このチャクラで生まれます。

第4チャクラ(ハートチャクラ)

ハートチャクラは、心臓のあたりに位置しています。

ここより下にある3つのチャクラは肉体や感情など三次元世界でのあなたに関連が強く、ここより上にあるチャクラは霊的なエネルギーをもたらすチャクラです。

そのため、三次元世界と霊的感覚をつなぐ役割があります。

感情の中でももっとも大切な愛に対して働きかけます。

第5チャクラ(スロートチャクラ)

スロートチャクラは、喉のあたりに位置しています。

コミュニケーションをするために必要なチャクラです。

自分の意見を伝えるため、相手の意見に素直に耳を傾けるために大切です。

第6チャクラ(サードアイチャクラ)

サードアイチャクラは、眉間のあたりに位置しています。

霊的感覚をもたらすチャクラです。
活性化すると感覚が研ぎ澄まされるので、スピリチュアルな意味での直感力が優れます。

第7チャクラ(クラウンチャクラ)

クラウンチャクラは、頭頂部に位置します。

霊的エネルギーはここから最も活発に取り入れられています。

肉体や精神、霊性を融合して、一貫性を持って働かせているのも、このチャクラの機能によるものです。

霊的存在とつながるためには、クラウンチャクラを活性化しておく必要があります。

チャクラやクンダリーニの遠隔ヒーリングはこちら

チャクラやクンダリーニについて、このように思ったことはありませんか?

「チャクラヒーリングを自分でやってみようと思ったけどうまくいかない」
「チャクラやクンダリーニの活性化が難しい」
「ヒーリングに興味があるけれど、値段が高かったり遠かったりして受けられない」

そういった方向けに、当サイトの運営者でヒーラー歴15年以上の私(今吉令)が波動を上げる遠隔ヒーリングを行わせていただいております。

目次
閉じる