クンダリーニ症候群の症状、対処法・治療法【専門家が解説】

目次

クンダリーニ症候群とは

クンダリーニ症候群とは、クンダリーニが覚醒することによる副作用のようなものです。

クンダリーニは生命エネルギーです。

健康な方がクンダリーニを覚醒する分には問題はありませんが、心身が不安定な状態でクンダリーニを活発にすることはおすすめできません。また7つのチャクラが十分に開いていない時も行わないようにしましょう。

こうした状態でクンダリーニの覚醒を行うと、精神や身体がその負担に耐えきれず、副作用が出てしまいます。

エネルギーが強いクンダリーニを覚醒させることは、心身にも負担がかかるのです。

クンダリーニ症候群の原因

前述した通り、クンダリーニ症候群は、不安定な状態の心身がエネルギーの変化に耐えられないことで起こります。その原因は3つに分類できます。

心身がクンダリーニのエネルギーに耐えられない

クンダリーニ症候群の原因で最も多いのが、自分でクンダリーニ覚醒を試したものの、まだ心身がそれを向かい入れられる状態になかった、というものです。

私のところに相談にいらっしゃる方でも、以下のような例は多いのです。

「インターネットで見た方法でクンダリーニ覚醒を試してみたが調子が悪い」

「短時間でクンダリーニ覚醒ができるというヒーリングを受けたが、イライラする」

心身の健康を確かめ、正しい方法でクンダリーニ覚醒を行なっていただく大切さが分かっていただけると思います。

チャクラのバランスが悪い

クンダリーニは第1チャクラの位置(性器と肛門の間あたり)に眠っており、覚醒すると身体の中心線に沿って上昇していきます。

しかし、身体の中心線にある7つのチャクラのバランスが悪いと、クンダリーニの上昇がゆがんでしまいます。

例えば、第3チャクラが開きすぎていると、クンダリーニは第3チャクラに大量に吸収され、他のチャクラに行き渡ることができません。

それだけではなく、クンダリーニを多く吸収したチャクラの性質が強くなりすぎてしまう、という弊害もあります。

無意識にクンダリーニが覚醒してしまう

魂で繋がっている存在・ツインソウルとの出会いなど、スピリチュアルなきっかけによって、クンダリーニが無意識に動き出し、覚醒してしまうことがあります。

突発的なエネルギーの高まりは、良い作用を及ぼすこともありますが、クンダリーニ症候群として心身に不調をもたらすこともあります。

クンダリーニ症候群の症状

クンダリーニ症候群の症状は精神的なもの、身体的なものの2つに分類されます。

精神的な症状

精神的な症状の例としては、引きこもりがちになる、悪夢を頻繁にみる、誰かに見られている気がする、なんとなく不快感を覚える、などが挙げられます。

不安定なバランスでスピリチュアルな力が高まってしまうことによって起こる症状です。

身体的な症状

身体的な症状の例としては、頭痛や微熱、持続的な疲れ、などが挙げられます。

ただし、クンダリーニ症候群は数日程度で落ち着くことが一般的ですので、長引くようであれば病院を受診してください。

クンダリーニ症候群の対処法・治療法

クンダリーニ症候群の主な対処法・治療法を3つご紹介します。

ゆっくり休む

一番の治療法は、ゆっくりと休むことです。

クンダリーニ症候群は、エネルギーの変化に心身が耐えられなくなった状態です。

休んで体力を回復することで、エネルギーの流れも落ち着き、徐々に心身のバランスとマッチしていきます。

水を多めに飲む

水は、身体のエネルギーバランスを落ち着け一定に保つサポートをしてくれます。

身体の中の水分は1ヶ月で入れ替わると言われています。身体に流れるエネルギーも同じようなサイクルをたどるので、新しい水を取り入れ、古い水を早めに出すということが有効なのです。

原因に合った対処をする

クンダリーニに詳しい人、チャクラに関するヒーラーを行なっている人であれば、クンダリーニ症候群の原因を見極め対処してくことが可能です。

間違ったクンダリーニ覚醒が原因であれば、一度クンダリーニを落ち着けることが必要です。

チャクラが原因であれば、バランス良く7つのチャクラを開いていくことが適切です。

こうした原因にあった対処法を講じることは、長期的に見てクンダリーニと最もうまく付き合うための近道であると言えるでしょう。

目次
閉じる