ツインレイと会いたい時にするべきこと【男性(ランナー)側の気持ちとは】

目次

ツインレイともう一度会いたい時にするべきこと

ツインレイと出会ってから少ししてから経験することになるのが、サイレント期間です。

物理的にも心理的にも離れてしまうことで「もう一度会いたい」と思う方が多いでしょう。

しかし、サイレント期間があるのにはそれなりの理由があり、しかるべき手順を踏んでから再会が訪れるのです。

もう一度会うために、心がけていただきたいポイントをまとめました。

会いたい気持ちを客観的に認めてあげる

「愛してくれていないのではないだろうか」

「早く会わないと〇〇になってしまう」

ツインレイと出会えない時にはこうしたネガティブな感情がどんどん出てくると思います。

そういった気持ちを大きくなるのは抑えようとしたしまいがちですが、大事なのはそういった「会いたい気持ち」が自分の中にあることと認めてあげることです。

自分の本心を俯瞰して第三者目線で見守ってあげるイメージです。

「会いたいのは分かるけど、今は少し時間をおく必要があるんだよ」と自分で自分に語りかけてみてください。

執着を手放す

実は、会いたいという気持ちは、実はエゴ、自己中心的な考えからくるものです。

「ツインレイと一緒にいると安心感を持てる」

「愛されていることを実感できる」

こうした感情は、相手を幸せにするというより、自分が相手にしてほしいことですよね。

まずは相手への執着を手放してみましょう。

自分の課題に集中する

サイレント期間が訪れる理由は、ツインレイの二人が結ばれる前に取り組むべき課題があるからです。

それを無視して一緒になっても本当の愛は実現できないでしょう。

ツインレイと出会う前に取り組むべき課題があるはずです。仕事やキャリア、家族などの身の回りの人、などなど。

課題を乗り越えて、魂が十分に成長すれば、サイレント期間は自然と終わりを告げるのです。

離れていても繋がっていることを意識する

会えない期間が続くと、もう会えないのではないか、ツインレイではなかったんじゃないか、という不安がよぎると思います。

しかし、本当のツインレイであれば必ず再会できますし、波動のレベルではしっかりとつながっています。

日常生活でツインレイ関係のサインに遭遇するでしょう。

例えば、ツインレイの名前を頻繁に目にする、テレビをつけると住んでいる場所を特集している、ツインレイとの記念日の数字をよく見る、などですね。

サイレント期間における男性(ランナー)側の気持ちとは

一般的にツインレイ関係では、男性がランナー=距離をとろうとする側、女性がチェイサー=早く再会を望む側になることが多いです。

チェイサーの女性は、なぜランナーの男性が距離をとろうとするのか理解が難しいかもしれませんね。

ランナーの内面を少し解説しましょう。

男性はツインレイ関係を理解していなくても、感覚的に特別な関係であることは分かっています。

なので、会いたいという強い気持ちは間違いなく持っています。

その特別な気持ちに対して、今の自分でいいのだろうか、という不安を感じていることが多いです。

自分に自信が持てなくなっているのですね。

その影響で、仕事をより一層頑張ったり、身の回りの整理を始めたりすることが多いです。

このように自信を取り戻そうとする姿勢は、結果的にツインレイの再会を引き寄せるものです。

チェイサーの女性は、その気持ちを理解しつつ、来るべき時も待ってあげるようにしましょう。

「会いたいけど会いたくない」という複雑な気持ちの正体

もちろん、男性がチェイサーで、女性がランナーになる場合もあります。

この時に女性が感じるのが、「会いたいけど会いたくない」という複雑な気持ちです。

もちろん、無理して会う必要はありません。

自分と向き合うと、まだまだ弱さがある、今のままでは相手にふさわしくない、と理解していらっしゃると思います。

では、その弱さを克服するためにはどうすればよいのか、ふさわしくなるためには何をするべきなのか考えてみましょう。

遠回りのように見えて、それが再会への一番の近道になります。

目次
閉じる