チャクラを開く瞑想のやり方・効果【マントラの使用・クンダリーニとの関係とは】

目次

瞑想によってチャクラを開くことは可能か

そもそもチャクラとは私たちの身体にあるエネルギーの出入り口です。

チャクラが閉じていると、エネルギーの流れが滞り、心身の不調に繋がってしまいます。

日々の生活を豊かにするためにも、チャクラを適度に開いて、良いエネルギーを取り込んでおくことはとても重要です。

チャクラを開く際に最も重要なことは心を落ち着けること、リラックスすることです。

しかし、悩みを抱え、日々の喧騒でせわしなく生活している私たちが心を落ち着けようとするのは意外と難しいものです。

そこで役に立つのが瞑想です。

瞑想によってリラックスすることで、チャクラに対する意識を集中していくことで、チャクラを適切に開くことができます。

瞑想は効果が証明されている歴史のある方法

瞑想は古代インドで積極的に用いられ、多くの歴史上の偉人たちが取り入れていた記録が残っています。

現在は、アメリカの心理学会でもその効果が証明されており、世界各国の大学で研究が進んでいます。

心を落ち着けるとともに、チャクラに対して意識を向けることができるので、チャクラを開くのには最も優れた方法の一つです。

こうした手法は世界中の政治家や実業家が習慣にしていることを聞いたことがある方も多いでしょう。

瞑想で不調があるチャクラを知ることも可能

チャクラを開く時だけではなく、チャクラの状態を確認する時に瞑想を用いることも可能です。

雑念を取り払うことで、意識を身体に向けることができるので、普段は気づくことができない不調も見つけることができます。

チャクラを開く瞑想の効果

瞑想によって開くのは、メインの7つのチャクラです。

7つのチャクラにはそれぞれ役割があるので、あなたが抱えている悩みにあったチャクラを開くことで、その悩みを解消することができます。

生きる気力がない、人生設計において選択を迫られている、人間関係がうまくいかない、恋愛や結婚で悩みを抱えている、将来が不安。

チャクラを開くことによって、こうしたあらゆる悩みに対処することが可能です。

チャクラの活性化とクンダリーニの関係

7つのチャクラ全てを適切に開くことができると、クンダリーニが動いていくことを実感できるでしょう。

クンダリーニとは私たちの体の芯に眠っている渦巻き状のエネルギー体です。

クンダリーニが覚醒していくと、よりイキイキとした人生につながります。

チャクラを開けば宇宙意識につながることも可能

チャクラが開き、クンダリーニが覚醒すると、その方を取り巻くエネルギーも良いものに変化していきます。

スピリチュアルな感覚も向上するので、あなたのハイヤーセルフや守護天使などの高次元の存在、宇宙意識とも繋がることが容易になります。

チャクラを開く瞑想のやり方

チャクラを開く瞑想において最も広く取り入れらているのが、瞑想向けの呼吸法です。

瞑想における呼吸はシンプルで、「呼吸していること自体に意識を向ける」というものです。

はじめは、他のこともいろいろ考えてしまうかもしれませんが、徐々に呼吸をしている自分の身体がどのように動いているか、空気の温度や感覚だけに意識を集中していきましょう。

マントラは必要なのか

マントラ(=チャクラを調整する際に使用する呪文のようなもの)を使用するのは、チャクラヒーリングの時になります。

呼吸法による瞑想でチャクラを開くことができない方は多くいます。

というよりも近年は自分ではチャクラを開くことができない方がほとんどです。スマホやパソコンの普及で身体感覚が失われつつあるからだと私は考えています。

この場合はチャクラを開くことに優れた専門家、ヒーラーのセッションを受けてみるとよいでしょう。

チャクラヒーリングのセッションでも、瞑想するための呼吸法は行ってもらいますが、チャクラとの連携を高めるために、ヒーラーが指示したマントラを声に出して言ってもらうのです。

ヨガのポーズは有効なのか

ヨガのポーズを取り入れて瞑想を行う方もいます。

チャクラを開く瞑想は横になる方が一般的です。寝ている姿勢が最もリラックスできるからですね。

ただし、ヨガのポーズをとった方がリラックスできる、チャクラに対して意識を集中できるという方もいます。

そういった場合にはヨガのポーズをとりつつ瞑想することも有効です。

目次
閉じる