第2チャクラ(セクラルチャクラ)の場所・活性化する方法を解説。ツインレイとの関係とは

目次

第2チャクラ(セクラルチャクラ)の特徴

第2チャクラは、丹田(おへその下数センチ)にあり、オレンジ色のエネルギーを司っているチャクラです。正式名称は、セクラルチャクラです。

元気がない、性的快感を感じられていない、尿に関する悩みがある、月経が安定しないという方は、このチャクラの流れが滞っている可能性があります。

第2チャクラは、人生をより豊かにするためのクリエイティビティ、性的な活動(セクシュアリティ)に関わっているのです。

第2チャクラとクリエイティビティの関係

ダンサーやシンガー、アスリートは集中する時や最大限のパフォーマンスを発揮したいときに、下腹部に力を入れることを聞いたことがあるのではないでしょうか。

これは彼らが無意識のうちに第2チャクラに意識を向け、エネルギーの流れをコントロールしていることに他なりません。

第2チャクラ(セクラルチャクラ)と心身の関係

以下のような傾向がある人はセイクラルチャクラが乱れている可能性があります。

  • 性的なコンプレックスがある
  • 人から優しくされることを避けてしまう、または怖いと感じる
  • スタミナや元気がない自覚がある
  • 現実の恋愛関係を持ちたいのに、空想の世界に浸っている
  • 小学校低学年の時期にトラウマがある
  • 食事を楽しめない

どのチャクラもちょうど良く開いていることが大切で、開きすぎていても、閉じすぎていてもいけません。

第2チャクラが開きすぎている場合は、地に足がついていない目標を持つ、性的なトラブルに見舞われる、などの特徴が現れます。

第2チャクラが閉じている場合は、自分の可能性を信じて行動できない、性的な快感を得ることができない、などの特徴が現れます。

第2チャクラが適切な状態になるとどうなるのか

新しいことにチャレンジできたり、人見知りもしなくなります。また自分自身からクリエイティブなエネルギーが流れるので、良いチャンスを引き寄せやすくなります。

第2チャクラ(セクラルチャクラ)を開く方法・活性化する方法

第2チャクラを開くには、複数の方法があります。第2チャクラの周波数に合った音を聞く、第2チャクラを刺激するような運動をする、などです。

第2チャクラを意識するための瞑想を取り入れてもよいでしょう。第2チャクラの場所(おへその下数センチ)に意識を向け、ゆっくりと深呼吸をしてみましょう。そして、オレンジ色のエネルギーが心地よく流れていくことをイメージするのです。

うまく第2チャクラが開けてくると、元気が湧いてくる、下腹部が暖かくなるなどの効果が出てきます。

自分で第2チャクラが開いた感覚を掴めないのであれば、チャクラヒーリングによってヒーラーの力を借りてもよいでしょう。

第2チャクラを対象としたヒーリングでは、「VAM(ヴァム)」というマントラを使用することが一般的です。

目次
閉じる