チャクラとは?スピリチュアルにおける意味と7つのチャクラを簡単に解説

目次
スピリチュアルの読みものサイト「スピネス」へようこそ♪
鑑定士/ヒーラーの今吉令が解説いたします。

チャクラとは何か

チャクラとは、私たちの身体にあるエネルギーが出入りするポイントです。

直接目で見ることはできませんが、肉体とは別の次元で存在しています。

役割としては、目にみえないレイキなどのエネルギーやオーラを取り入れたり放出したりしています。

身体の中心にまっすぐ7つ並んでいて、霊的(スピリチュアル)な中枢器官ということができるでしょう。

チャクラとは、もともとインドの言葉(サンスクリット語)で車輪・回転を意味しており、ヨガや東洋医学をはじめ、世界各地で重要視されてきました。

今はチャクラを重視すべき時かもしれない

私たちは、現代的な考え方に固執しすぎている傾向があると思います。

学校教育で培われた計算力や読み書き能力は素晴らしいものですが、少し論理的な思考に偏りすぎはいないでしょうか。

私たちはもともと全ての人が霊的な感覚を持ってます。

その感覚を活かして、霊的な仕組みを理解していた古代からの考え方を知ってみてもよいのではないでしょうか。

チャクラを活性化する時などは、今までとは違う角度から自分を見つめてみる、感じてみることが大切です。

自分とその人生の全体的に観察してみるような感覚です。

しかし、論理的な思考に慣れてしまっている私たちには、広い視野を持つのは意外と難しいものです。

リラックスして、頭と身体をフワッとした感覚に任せてみることを意識してみてください。

新しい感覚を掴むということ

チャクラを活性化させると、新しい考え方や感覚を掴むことができると思います。

その考え方や感覚は、最初はすぐに消えてしまったり気づきにくかったりするかもしれませんが、特別であることは分かっていただけると思います。

何かを改善しよう、獲得しようと思わなくても大丈夫です。

また急がないことも大切です。最初は、このサイトで説明していることを実感できないかもしれないからです。

でもまずは信じて体感しようとしてほしいと思います。

チャクラはアメリカのヴァレリー・ハントをはじめとした研究者がその存在と効果を認めています。

科学的な側面からも証明されてきているので、じっくりと向き合ってみてください。

チャクラはどうあるべきか

私たちのチャクラが完全に閉じているということは基本的にありません。それぞれのチャクラが生命の維持活動に不可欠なものだからです。

しかし、7つのチャクラの状態は人それぞれに違いがあるの一般的です。

チャクラの大きさや流れに多少の差がある分には問題ありませんが、極端に小さくなっている、極端に流れが悪いと問題です。

チャクラは、全てがバランス良く働いている状態が理想です。

チャクラを定期的に状態を確認して、滞っているチャクラがあれば開いて流れを良くしてあげることによって、心身が健康的な生活を送ることができるのです。

7つのチャクラの意味、場所、色

第1チャクラ=ルートチャクラ

第1チャクラは、性器と肛門の間にあり、赤色をしています。

生命力を司るチャクラです。

毎日がつまらない、日々の生活にモヤモヤ感を抱えているという方はこのチャクラが乱れている可能性が高いです。

腰に不調をもたらす場合もあります。

第2チャクラ=セクラルチャクラ

丹田(おへそのした数センチ)のあたりにあり、オレンジ色をしています。

感情や三大欲求を司るチャクラです。

自分の気持ちに沿っていないことをしているとこのチャクラが乱れる傾向にあります。

第3チャクラ=ソーラープレクサスチャクラ

みぞおち周辺にあり、黄色をしています。

人格や性格を司るチャクラです。

精神が不安定な時にはみぞおち周辺がきゅーっと痛い感覚をもたらすと思いますが、これは第3チャクラが原因なのです。

内臓が不調な場合に乱れている可能性が高いです。

第4チャクラ=ハートチャクラ

心臓のあたりにあり、緑色をしています。

愛を司るチャクラです。

愛することができない、愛していない時に乱れてくるチャクラです。

心臓の不調な人は乱れている可能性が高いです。

第5チャクラ=スロートチャクラ

喉のあたりにあり、水色をしています。

コミュニケーションを司るチャクラです。

通常声を通じてコミュニケーションするので、人間関係に関わっています。

乱れると甲状腺や喉の不調をもたらします。

第6チャクラ=サードアイチャクラ

眉間のあたりにあり、青色をしています。

直感力を司るチャクラです。

第6チャクラが整うと、自分の歩むべき未来が見えたり、決断力がつくようになります。

第7チャクラ=クラウンチャクラ

頭頂部にあり、紫色をしています。

霊的な存在・高次元の存在と繋がりを司るチャクラです。

このチャクラの流れをよくするとヒーリングにおけるチャネリング(霊的存在とのコミュニケーション)がスムーズになります。

チャクラを開く方法

チャクラを開いて活性化するために特殊な訓練や修行は必要ありません。また才能や素質も関係ないです。

チャクラを開く際には、リラックスできる状態になりましょう。

横になっても座っていても大丈夫です。私は、自分がいつも使っているベッドや布団の利用をおすすめしています。

リラックスできる状態になったら、チャクラが開くイメージをしましょう。強く念じる必要はないが頭を空っぽにしなければなりません。

ただし現代では何も考えない、という機会を作るのは以外と難しいものです。そのため、チャクラを開くことに苦労する場合も多いです。というよりもほとんどの方が自力ではうまく開くことができません。

自分でやってみてもチャクラが開いている実感が得られない場合は、ヒーリングによってチャクラを開いてもらってもよいでしょう。

チャクラを開く方に伝えたいこと

チャクラを開きたい方は、何かしらの変化を望んでいると思います。

まずは、自分の意識にむきあってみてください

毎日の生活に疲れ切っていませんか。

人と会うことが億劫になっていませんか。

1日の終わりにドッと疲れていませんか。

周囲の人との関係に悩んでいませんか。

何故か分からないのに不安になることがあるのではないでしょうか。

自分が進むべき道に迷っていませんか。

自分の居場所が分からない、誰にも愛されないと感じていませんか。

こうした悩みはあなたの魂を変えることによって変化させることができます。

そしてその変化はあなたのためだけのものではありません

あなたが良い方向に進むことで、あなたの周りの全ての人にも良い影響があります

まずはこの事実を信じてください。

チャクラやクンダリーニの遠隔ヒーリングはこちら

チャクラやクンダリーニについて、このように思ったことはありませんか?

「チャクラヒーリングを自分でやってみようと思ったけどうまくいかない」
「チャクラやクンダリーニの活性化が難しい」
「ヒーリングに興味があるけれど、値段が高かったり遠かったりして受けられない」

そういった方向けに、当サイトの運営者でヒーラー歴15年以上の私(今吉令)が波動を上げる遠隔ヒーリングを行わせていただいております。

目次
閉じる