第5チャクラ(スロートチャクラ)を活性化・開く方法とは?色や場所、特徴も解説

目次

第5チャクラ(スロートチャクラ)の色・場所・特徴

第5チャクラは、喉のあたりにあり、その場所からスロート(喉)チャクラとも呼ばれます。

水色のエネルギーを司っています。

喉はただ声を出すという働きに止まりません。会話をしてコミュニケーションをするという、自分の表現、他人との意思疎通という機能を担っています。

第5チャクラは他人や社会との関係性を担っている

他人に興味を持って接したり、社会と適切に関わりながら生活したりするためには、第5チャクラが適度に活性化している必要があります。

第5チャクラが意思や自己表現を担っているからです。

「最近、孤独を感じる」「友人関係が希薄になってきた」と思っている人は第5チャクラの開きが不十分かもしれません。

第5チャクラ(スロートチャクラ)と心身の関係

以下のような傾向がある人はスロートチャクラが乱れている可能性があります。

  • 人の話を注意深く聞いたり、自分の意見が伝えたりすることが苦手
  • 自分の性格をよく勘違いされる
  • キャリアに関する悩みを抱えている
  • 高校時代から20歳ごろまでにトラウマがある
  • 自分はもっと活躍できる、またはもう活躍できないと思っている
  • 生活のリズムを一定に保つことが難しい
  • 良い人間関係を構築することが苦手

第5チャクラを適切な状態に保つことができれば、自分の感情をコントロールして相手に的確に伝えることができます。

自己主張ができない人は第5チャクラが弱い・つまりがある可能性あり

第5チャクラが弱い人や詰まっている人は、自分の感情や意思を他人に伝えることが難しくなります。

閉じている人は幼少期から閉じたままほとんど開いたことがない人も多いので、自分の思いを伝えずに苦しんでいるという方は、第5チャクラの活性化を試みてみるとよいでしょう。

一方で第5チャクラが開きすぎても注意が必要です。自己表現が強くなるあまり、自己中心的な言動をしてしまう、相手の意見を聞き入れない、といった傾向が出やすくなります。

第5チャクラ(スロートチャクラ)を活性化・開く方法

第5チャクラは、相性の良い周波数の音を聞いたり、喉の通りがよくなるようなヨガのポースをとったりすることによって活性化していくことが可能です。

最も効果的かつ簡単に第5チャクラを開く方法は、チャクラヒーリングでしょう。自分だけで行うことも可能ですが、ヒーラーのサポートを受けることも可能です。

まずは、自宅のベットなどに横たわり、リラックスできる体勢をとりましょう。

第5チャクラのヒーリングを行う時には鼻を通して深呼吸をしてみましょう。口で深呼吸をするよりも、喉の奥から空気が入れ替わることが実感しやすいと思います。

深呼吸に合わせて、水色のエネルギーが出入りしている事をイメージしてみましょう。

うまくいっていれば、ヒーリングの後にいつもより喉がスッキリした感覚や喉がひんやり冷たい感覚があるでしょう。

チャクラヒーリングでは、「HAM(ハム)」というマントラを使用することもあります。

大きな声を出すだけでも変化は出る

上記のような方法で第5チャクラを開くことができなかった方、ヒーリングには興味がない方は、日常的に大きな声を出すだけで第5チャクラに変化をもたらすことができます。

チャクラは肉体にあるわけではありませんので、身体感覚と完全に同期するわけではありませんが、肉体が悪い状態にあるとチャクラもその影響を受けます。

第5チャクラの場合であれば、喉をほとんど使っていないとそれに応じて活性化しなくなってしまうのです。

カラオケやボイストレーニングをおこなったり、大きな声を出せる場所に行ったりして大きな声を出してみましょう。

喉が受けた刺激に応じて、第5チャクラの改善が期待できます。

目次
閉じる