Category
Profile

今吉令

当サイト「スピネス」の記事の執筆をしております今吉令と申します。

「スピリチュアルに関する正確な情報をお届けしたい」との思いから、サイトを運営しております。

今まで、15年以上鑑定士・ヒーラーとして活動してきました。当サイトでも、鑑定やヒーリングのご依頼を承っております。

皆さまのスピネスを願って♪

スピネス公式オンラインショップはこちら>>

ツインソウルのサイレント期間とは【長さや終わりの前兆を解説】

目次

ツインソウルのサイレント期間とは

魂の片割れであるツインソウルは、魂を成長させるためのさまざまな試練を経験して成長した後に、より深い魂の結びつきを得ると言われています。

ツインソウルに起こる試練の中で最大とも言えるのが、サイレント期間と呼ばれる一時的な別れの期間でしょう。

サイレント期間はツインソウル統合の段階の中では「分離」と言われる段階で、お相手とは精神的または物理的な距離が生まれ、音信も途絶えるなどといった辛い期間になることが多いです。

ここではまず、ツインソウルにおけるサイレント期間がどういうものなのかを詳しくご説明していきましょう。

突然の別れであることが多い

ツインソウルのサイレント期間は、前触れなく突然の別れとして始まることがほとんどです。

他の恋人同士の別れのように、前々から相手に不満を感じていたり、長い不仲の期間を経て別れるというケースは少ないです。

中にはサイレント期間を経験しないツインソウルも存在しますが、多くのツインソウルは、この突然の別れによってサイレント期間の始まりを経験することになります。

前触れらしい前触れのない別れであるために、サイレント期間に入った直後は深いショックと悲しみに襲われて苦しむ方が多いのです。

明確な理由がない

サイレント期間に入るための別れには、明確な理由がありません。

ちょっとした喧嘩やお相手の浮気が直接的な別れの原因になることはありますが、特に別れるような必然性も感じないまま別れに至るケースも多いです。

サイレント期間の始まりは直接的な原因によるものではなく、魂の世界で試練が課されるべき時期に訪れるものです。

別れに明確な理由が無い点も、サイレント期間に突入したばかりの方が、深い悲しみと納得のいかない気持ちに陥ってしまう原因です。

しかるべき時間を経る必要がある

サイレント期間はすぐに終わるものではなく、復縁するまでにはしかるべき時間を経る必要があるものです。

サイレント期間のきっかけとなった喧嘩や浮気の問題を解決できたとしても、お互いの魂がしかるべき成長を経るまでは、復縁することはできません。

ある程度の長さの別れを経験することになるため、中にはツインソウルとのご縁を諦めてしまったり、他の異性と出逢ってお付き合いを始める方もいらっしゃいます。

サイレント期間は、お互いの魂が一つになっていく段階で、必要な魂の成長を促す試練として課される別れです。そのため、お互いの魂が一つに統合しても良い段階に成長するまでは続くことになります。

長さは決まっていない

ツインソウルのサイレント期間には、何日や何か月といった決まった長さはありません。

魂がツインソウル統合にふさわしい段階まで成長するまでにかかる時間には、人それぞれ違いがあるためです。

一般的な目安としては、数か月から数年内にツインソウルとの復縁を果たしたという方が多いようですが、人によっては十数年から数十年のサイレント期間が続いたというケースもあります。

サイレント期間が終わりのない暗闇に例えられることが多いのも、再会と復縁がいつになるか分からない点にその理由があるでしょう。

ツインソウルのサイレント期間にするべきこと

ツインソウルのサイレント期間は、ツインソウルと魂のレベルで一つになる為に、魂を成長させることを目的として課される試練だということがお分かりいただけたかと思います。

では、具体的に魂の成長を促し、サイレント期間の終わりを手繰り寄せるためには、どういったことをすべきなのでしょうか。

ここでは、サイレント期間にするべきことと避けるべきこと、考えるべきことについて詳しくご紹介します。

ランナーとチェイサーの概念を理解する

サイレント期間に入ったら、まずランナーとチェイサーの概念を理解しておきましょう。

ランナーは「逃げる側」、チェイサーは「追う側」を示し、サイレント期間に入ったツインソウルのお二人は、それぞれがランナーとチェイサーの役割に分かれることになります。

ランナーは「相手には自分は相応しくない」「一緒にいることは二人のためにならない」といった気持ちから、ツインソウルを遠ざけ逃げる役割です。

対してチェイサーは、別れというかたちで逃げるランナーを追い続ける役割になります。

サイレント期間に入ったら、まずはご自分の役割はランナーなのかチェイサーなのかを考え、理解しておく必要があるでしょう。

相手の気持ちを受け入れる

ツインソウルが魂のレベルで一緒になるために重要になるのが、お互いにエゴや執着を捨て、純粋な心でお相手の気持ちを受け入れられる心を手に入れることです。

サイレント期間に入った直後は、「別れたくない」「相手は自分のものだ」というエゴが先走ってしまい、なかなかお相手の気持ちを受け入れることができないでしょう。

しかし、時を経ることにエゴや執着は手放されていき、お相手の気持ちを素直に受け入れようという気持ちが芽生えていくはずです。

サイレント期間の試練の本質は、ツインソウル統合の妨げとなるエゴ・執着から解放されることにあります。

時間はかかったとしても、お相手の気持ちを受け入れ、お相手の幸せを願うことができるように努力してみてくださいね。

ツインソウルには良き未来があることを知る

サイレント期間を経て魂がしかるべき成長を遂げると、ツインソウルのお二人は再会し、以前よりも深いレベルでの結びつきを得ることができます。

ツインソウル統合とは、一つの魂を共に分かち合う関係が出来上がるということだからです。

辛く終わりの見えないサイレント期間が続くと、ツインソウルとのご縁そのものを諦めてしまいたくなる気持ちになることがあるでしょう。

しかし、サイレント期間という試練を乗り越えたツインソウルには、これまで経験したことがないような良き未来が待っていることを覚えておいていただきたいのです。

お相手が本物のツインソウルであれば、サイレント期間を乗り越えた時に再会と復縁が果たされることが約束されています。

良き未来を励みとして、目の前の暗い闇の時期を乗り越えることが大切です。

頻繁な連絡は避ける

サイレント期間中に避けるべき行動として、頻繁な連絡があります。

サイレント期間は、それぞれが別の場所で試練に立ち向かい、魂をしかるべき次元まで成長させるための期間です。

この時期に寂しさや相手への恋しさから頻繁に連絡を取っていると、お相手に対するエゴや執着を手放す妨げになってしまいます。

サイレント期間の孤独のつらさや「このまま一生会えないかもしれない」といった焦りから、ついお相手に連絡をとりたくなることはあるでしょう。

その場合も「必ず再会して復縁できる」とご自分に言い聞かせ、頻繁に連絡を取ることは我慢してください。

偽ツインソウルの可能性

サイレント期間だと思っていたら、永遠の別れだったという場合もあります。この場合、お別れしたのはツインソウルではなく、偽ツインソウルだったということが考えられるでしょう。

ツインソウルの別れであるサイレント期間には、ある程度の期間を経れば終わりの兆しが見えてくる場合が多いものです。

しかし偽ツインソウルであった場合は、再会することのない永遠の別れになります。

お相手が偽ツインソウルであった場合は、別れの直後に、本物のツインソウルとの出逢いが控えています。

サイレント期間に入ってしばらく経過したら、お相手が偽ツインソウルだった可能性と、本物のツインソウルとの出逢いの前兆がないかを考えてみる必要もあります。

また、ツインソウル鑑定をしてもらうことで、相手が本当にツインソウルなのか確かめることもできます。

ツインソウルのサイレント期間に起こること

サイレント期間には心理的および物理的な距離が生まれ、音信不通になる場合が多いですが、お相手との繋がりが完全に断たれるというわけではありません。

高次元の魂の世界ではご縁が保ち続けられており、来るべき再会の時に向けて準備が行われているのです。

サイレント期間のお二人の繋がりを示すサインとして、次のような現象が起こることがあります。

いずれもツインソウルが再会・復縁に向かうまでの試練を乗り越えるためのヒントとなる現象なので、注意して見ておく必要があるでしょう。

エンジェルナンバーを頻繁に見る

ツインソウルのサイレント期間には、エンジェルナンバーを頻繁に見るようになります。

エンジェルナンバーとは、時計や車のナンバーなどに見られる「1111」「8888」といったゾロ目の数字のことです。

エンジェルナンバーにはツインソウルとの関係性を示すメッセージが込められており、エンジェルナンバーの意味を知ることで、サイレント期間中に高次元の魂の世界から贈られるメッセージを受け取ることができるようになります。

特に「8888」「2222」というエンジェルナンバーは、サイレント期間の終わりを示すメッセージのため、覚えておくとサイレント期間の終わりが間近という目安になるでしょう。

相手の近くに他の異性が現れる

サイレント期間中には、お相手の近くに他の異性が現れることもあります。

ご自分がお相手と別れの期間を強いられている時に、他の異性の存在を知ると、穏やかな気持ちではいられなくなるのも仕方ありません。

しかし、この時期に現れる他の異性は、お相手があなたの存在のかけがえなさを学ぶきっかけの役目を持っている場合が多いのです。

サイレント期間中は、逃げる側であるチェイサーにも後ろめたさや寂しさが襲い掛かります。しかし、この孤独感は他の異性では埋めることができないものです。

サイレント期間中、お相手の近くに現れる他の異性は、あなたがお相手にとって、かけがえのない唯一無二の存在であることを気付かせてくれます。

一時的にお相手が他の異性と良い関係を築いているかのように見えても、焦らず成り行きを見守る姿勢が大事と言えます。

ツインソウルのサイレント期間が終わる前兆

ツインソウルが離れ離れになって魂を成長させるべき期間に終わりが近づくと、サイレント期間にも終わりの前兆が現れ始めます。

その前兆とは、直接お相手から連絡があり、再会を告げられるという具体的なものではなく、あくまで高次元からのメッセージとして告げられるものです。

以下にサイレント期間が終わる前兆として起こることを挙げて、それぞれについてご説明しておきましょう。

夢に相手が現れる

サイレント期間の終わりが近づくと、夢にお相手が現れることが増えてきます。

サイレント期間に入ったばかりの頃も、お相手への未練から夢に見ることがありますが、それとは別物と考えてください。

ある程度の長さのサイレント期間を経る頃には、お相手に対するエゴや執着が手放され、時々お相手のことを思い出して心が暖かくなる状態になっているでしょう。

この時期に見るお相手の夢は、魂が再会の時期を前にして、再び近づき始めていることを意味するものです。

ご自分でも「どうして今頃?」と疑問に感じるような時期にお相手が夢に出てきた場合は、サイレント期間の終了は間近だと言えるでしょう。

相手が試練から抜け出せそうになっている

ツインソウルのサイレント期間中には、お相手にも何らかの長い試練が課されています。

直接連絡が取れない状況にいても、お相手が試練を経験していることは耳にしている場合が多いでしょう。

サイレント期間の終わりが近づくと、お相手の試練の時期も終わりを迎えます。そのため、それまで苦しいものだったお相手の状況にも、好転の兆しが見えてくるはずです。

転職や引っ越しといった現実的な変化によっても、お相手の状況が好転しているのを知ることができます。

そのため、ご自分が耳にすることができる範囲で、お相手の状況の変化には気をつけておく必要があるでしょう。

目次
閉じる