【専門家が解説】ツインレイとツインソウルの違いとは?見分け方もご紹介

目次

ツインレイとツインソウルの違い

ツインレイやツインソウルとった魂のご縁について知った方にまず知っていただきたいのは、どの関係が優れているという問題ではなく、それぞれが素敵なご縁であるということです。

ツインレイとツインソウルの違う点を挙げて、ご説明していきます。

なお、ここで挙げる特徴では絶対的なものではありません。それぞれのご関係において特徴があるのであくまでも目安としての特徴と考えていただければと思います。

魂のあり方の違い

  • ツインレイ:1つの魂が2つに別れた存在
  • ツインソウル:魂の一部を共有している存在

ツインレイは、私たちが地球において生を受ける直前の段階で、1つの魂から2つに別れた存在です。

そのため、唯一無二の存在であり、基本的にこの世において1人しかいない存在です。また、対になる関係ですので、異性として生を受けることがほとんどです。

それに対してツインソウルは、魂として分離した時に非常に近い存在だったことにより、魂の一部分を共有している存在であるという違いがあります。

そのため、複数人いる可能性があります。また、異性である確率の方が高いものの、同性であるケースはツインレイよりも多いです。

ただし、複数いるといっても時空間的にはかなり乖離していることがほとんどですので、出逢うこと自体はツインレイのようにとてもまれです。

どちらに出逢ったとしても、そのご縁を大切にしていただきたいですね。

過ごし方の違い

ツインレイは1つの魂から別れたという特性により、対になる関係ということができます。

そのため、一緒にいることを常に望みながらも、一人ひとりが別々に試練に向き合う期間も長いです。

それに対して、ツインソウルは価値観を共有していることにより、協力しながら試練を乗り越えるケースが多いです。

もちろん、ツインレイのようにサイレント期間を経る方々も少なくありません。

感情における違い

ツインレイのご関係では、最初からスッと好意を抱くケースがある一方で、どうしても反発してしまって近づくことができなかったという方もいらっしゃると思います。

1つの魂から2つに分かれた対となる存在ですので、反発や違和感を抱くことも少なくないのです。

一方で、ツインソウルにおいては、最初から恋人のような親近感を抱くことがほとんどです。

多くの方が、なぜか一緒にいたいという感情をお持ちになっていらっしゃいます

ツインフレーム、ソウルメイトとは何なのか

ツインフレームは、魂のあり方が同じまたはとても似ているご関係です。

性格や価値観、人生において大切にしていること、趣味や好きな食べ物が一致していることが多いです。

ソウルメイトは、ツインレイやツインソウルを含む、魂のつながりを持ったご関係です。

鑑定などでソウルメイトのご関係と言われた場合には、ツインレイやツインソウルほど強いつながりではないにせよ、同じソウルグループに属する相手ということになります。

魂のつながりにおける近い親戚、と考えていただくとよいでしょう。

ツインレイとツインソウルの共通点

ツインレイとツインソウルには、ここまでご紹介したような違いはありますが、どちらも極めて強い魂のつながりですので、共通する点も非常に多いです。

居心地の良さ

ツインレイにしても、ツインソウルにしても、もともと魂として一緒に過ごしたご経験がおありですので、心地よさを感じるはずです。

安心感がある、一緒にいると包まれる感覚がある、ということもできるでしょう。

懐かしさ

ツインレイやツインソウルと今世で初めて出逢ったとしても、厳密には初対面ではありません。

そのため、「昔出逢ったことがあるのかな」「なんとなく懐かしい雰囲気がある」といった感覚を抱く方が多いです。

自然と好意を抱く

ツインレイやツインソウルと出逢った方がよく伺うこととして以下のような感想があります。

  • 「出逢った瞬間に好きになっていた」
  • 「自分のタイプとは正反対なのに、気になって仕方がない」
  • 「理由も分からないけれど、近づきたいし親しくなりたい」

これは、人間という表面だけを見ているのではく、魂レベルで相手の存在を近くしていることが理由です。

最初は、自分の常識に反した好意の寄せ方をするので混乱するかもしれません。それと同時に前述したような居心地の良さもあるはずです。

これまでの価値観に縛られず、自然とお相手様とのご関係に向き合うことができるとよいですね。

シンクロニシティが起こる

シンクロニシティとは「意味のある必然の一致」と意味します。

具体的には、以下のような不思議とも思える現象のことです。

そろそろ連絡が来そうだな、と思っていると本当に連絡がくる

自分の居場所を知らないはずなのに、引き寄せられるように相手がやってきた

もう逢えないと思っていたのに、様々な条件が重なって再会できた

これらは単なる偶然のように見えて偶然ではありません。

ツインレイやツインソウルは、物理的に離れていても魂の波動を共有しているので、お互いに影響を及ぼし合っています。だからこそ、必然の一致によりつながりを保ち続けることができるのです。

お互いにとって素晴らしき関係

これまでの恋愛において「とても素晴らしい人だな」という感覚をお持ちになったことがある方は多いでしょう。

しかし、ツインレイやツインソウルにおいては「お互いにとって素晴らしき関係」という感覚があるはずです。

それぞれが別々に存在しているよりも、一緒にいることにこそ意味があるという感覚ですね。

生まれに関する一致

名前や誕生日、出身地など、生まれに関する共通点が多いことにも驚くでしょう。

例えば、以下のような例があります。

  • 名前に同じ漢字が入っている
  • 身内に同じ誕生日の人がいる
  • 実は幼少期に近い地域で過ごしていた

これは、ツインレイやツインソウルが魂として同じ部分を共有している、もともと同じ経験をしてきたことが、今世に誕生する際に影響を及ぼすことになるのです。

ただし、生まれに関する一致は必ずではありません。

あくまでも魂の共通点が表面に現れることがある、という意味ですので、一致が確認できないこともあるというわけです。

出逢う年齢や立場が試練

ツインレイやツインソウルでは「なぜ今出逢うことになったのだろう」と思うほど、出逢い自体が試練に感じられるケースも多いです。

まず挙げられるのが年齢です。

相手がとても年下で普段なら恋愛対象にすらならないのに、なぜか強烈に惹かれる、といったケースです。

また、片方が既婚または双方が既婚というツインのご関係は非常に多いです。

もちろん不倫はするべきではないと分かっているし、するつもりも全く無かったのに、ツインへの気持ちはどうしても押さえられない、ということでよくご相談をいただきます。

ツインと出逢い、そこから良きご関係を築くこと自体が試練をなっているのです。

結ばれない方もいる

ツインレイやツインソウルでは、お互いが与える影響が大きいからこそ、反発が生まれサイレント期間(距離を置く期間)となることがあります。

サイレント期間は必ず終わるものですが、世をまたぐこともあるので、一度離ればなれになったまま今世では再会できないということがあり得ます。

ただし、サイレント期間になったからといって今世で再会できないと決まったわけではありません。

しっかりとツインのステップやお相手様のお気持ちを理解し、それに沿った行動をしていくことで再会を引き寄せることも可能です。

ツインレイとツインソウルの見分け方

ツインレイとツインソウルを見分ける方法として、自分でおおよその判断をする方法、鑑定士に波動をもとに判断してもらう方法があります。

感情や過ごし方の違いから判断する

ここまでご紹介したように、ツインレイとツインソウルには共通点がある一方で、違いもありましたね。

ツインレイでは離ればなれになる期間が長い、ツインソウルでは一緒に協力する期間が長い。

ツインレイでは反発することも多いが、ツインソウルでは最初からスムーズにいくことが多い。

こうした特徴からご自身でおおよその判断していただくことも可能です。

波動をもとに鑑定してもらう

対となるご関係であるツインレイに対して、魂のおける共有部分が多いツインソウルでは、魂の波動の様子が大きく違います。

波動のうち、どちらも非常に強い部分でつながっていますので、経験のある鑑定士であれば確実に見分けることが可能です。

ツインレイに関するご相談はこちら

この記事の執筆者である今吉令によるツインレイのご相談を承っています。

公式ショップを見る>>

目次
閉じる