レイキにおけるシンボル・マントラとは。使い方や意味、順番を解説

目次

レイキにおけるシンボルとマントラ

レイキは、高次元の生命力エネルギーによって心身の悩みを解消していく方法です。自然のエネルギーを使用するものなので安全で、信じる信じないに関係なく、向き不向きに関係なく、全ての人がレイキを扱う素質をもっています。

レイキは、扱うエネルギーと自分の波長を合わせていくことが必要で、扱いに慣れるまで時間がかかる方もいらっしゃいます。

シンボル、マントラを使うとより簡単にレイキを扱うことができるので、初心者はこれらを有効に使っていくことがおすすめです。

シンボル・マントラとは

レイキにおけるシンボルとは、エネルギーを象徴する形です。これを使用することによって、特定の目的でレイキを使用しやすくなります。

またレイキにおけるマントラとは、エネルギーを引き寄せるための言葉です。こちらも特定の目的にでレイキを使用するためのものです。

シンボルは「形状波動」、マントラは「音波」によってエネルギーの流れを変えていきます。指の動きや声の振動が、空中にあるレイキのエネルギーに影響を与えるというのはイメージしやすいですね。

シンボル・マントラを使用する意義

シンボル・マントラは高次元のエネルギーをあなたをつなぐことを容易にしてくれる大変便利なツールだといえます。

最初は覚えるのが難しいかもしれませんが、シンボル・マントラを使うとより安定的にレイキを使えるのでぜひ覚えてみましょう。

シンボル・マントラの使い方

シンボルを自分の目の前に指一本で書き、マントラを3回声に出して言う、という順番で行うことが一般的です。

描いたシンボルがイメージしにくい、という場合は「かぶる」ことがおすすめです。「かぶる」とは、シンボルを描いてみてからそのシンボルを頭で想像しつつ、自分の体を覆っていくことを想像することです。

こうすることでシンボルが発する形状波動をより確実なものにすることができます。

シンボルとマントラのそれぞれの意味

レイキが広まった当初はシンボルやマントラを神聖なものとして扱う傾向があったため、ある程度修行をしたものにしか伝えないという伝統がありました。

しかし、レイキが広まるにつれて、シンボルやマントラは高次元のエネルギーにアクセスするための合図に過ぎず、初心者をはじめとした多くの人が使っても問題ないことが分かりました。

現在では、書籍をはじめ、ネット上でもシンボル、マントラは広く公開されています。

超空霊(チョクレイ)

おすすめの使い方:心身の不調の緩和、やる気の増進

「超空霊(チョクレイ)」とは、「宇宙の力をここに引き寄せる」という意味です。

セッションの開始時に使用することが一般的です。エネルギーの大きさを即座に大きくすることに優れたシンボルですので、まだレイキを感じたことがないという人にもおすすめです。

コイルのような形が印象的なシンボルですが、このクルクルしている部分はエネルギーの大小とともに収縮することが確認できるでしょう。慣れている方であれば、こちらのマントラを使用してセッションの間にエネルギーを増やしたり、減らしたりすることも可能です。

その形状から、負のエネルギーを受け取った後は、それを閉じ込める受信機のような役割を果たすこともできます。

聖壁(セイヘキ)

おすすめの使い方:精神的な癒し、心のモヤモヤを無くす、頭をスッキリさせたい

「聖壁(セイヘキ)」とは、「天と人を一つにする」という意味です。

調和のシンボルであり、脳と精神、そして宇宙のエネルギーを一体化することに役立ちます。これによって、否定的な感情を解放することができます。

あなたが本来持っているポジティブなエネルギーを取り戻すことに役立ちますので、何か慢性的な問題をかかている方にぜひ利用してほしいシンボルです。

本者是正念(ホンシャゼショウネン)

おすすめの使い方:過去現在未来のへの癒し、カルマの払拭、精神的なつながりの強化

本者是正念(ホンシャゼショウネン)は、「過去、現在、未来」を意味します。

時間を空間を超越できるレイキの力を最も有効に使うことができるシンボルです。

このシンボルを扱う時は何か特定の問題に集中するというよりも、制限なく過去未来関係なしにエネルギーが流れるイメージを持っていただくとよいです。

過去の経験から生じたトラウマやあらゆるカルマを払拭することも役立ちます。

大光明(ダイコウミョウ)

おすすめの使い方:人生を前向きにしたい、魂に癒しが欲しい、世界(宇宙)との一体感を強くしたい

大光明(ダイコウミョウ)は「明るく偉大な力」を意味します。

最も強力なシンボルであり、レイキのエネルギー全てを象徴する形状です。こちらも特定の問題に対して使用されることは一般的ではなく、人生や魂全体に良い影響をもたらしたい時に使用します。

なぜレイキのシンボルは公開されていなかったのか

この記事の冒頭でシンボルやマントラは昔は公には明らかにされていなかったとお伝えしました。実は、大正時代に「霊気」として広まり出した当初は、シンボルやマントラを記録することすら禁止されており、直接動作や言葉で伝えることが基本とされていました。

ただ、海外に伝わる時に、シンボルやマントラを公開した方がよいのではないかと考える人が多くなしました。

大正時代初期の人々は、「レイキには基本的に害はないものの、正しい使い方をしてほしい。無闇に使うことは避けたいから、シンボルやマントラが急激に広めるのはやめよう」と考えていたようです。

この考え方にも一部賛成することはできますが、より多くの人がレイキに興味をもっていただき有効活用してほしいというのも事実です。

シンボルやマントラがどこでも公開されている現在は、レイキに関するいっそう正しい情報発信が大事であると考えています。

目次
閉じる