アセンションの影響でクンダリーニ症候群になることがあります

目次

アセンションの影響でクンダリーニ症候群になることがあります

結論から申し上げると、アセンションの影響でクンダリー症候群になることはあり得ます。

詳しく解説する前に、アセンションとクンダリーニ症候群の意味について簡単にご説明します。

アセンションとは

そもそもアセンションとは、次元上昇を意味するワードです。具体的には、地球とそこに住む私たち人間が、物質重視の3次元から意識重視の5次元に移行することを意味します。

わたしたちが今生きている3次元の世界は、お金や物質的な豊かさを過度に重視しています。この弊害として生まれているのが、奪い合うこと、争い、憎しみといったものです。

5次元の世界だと、意識の豊かさや自分が本当に幸せだと感じることを重視するようになります。それによって、分かち合うこと、平和、優しさといった価値観が広まっていきます。

クンダリーニ症候群とは

クンダリーニ症候群とは、私たちの身体にあるエネルギー体のクンダリーニが活発になることによって起こる身体や精神の不調です。

クンダリーニが活発になることは、エネルギーが満ち溢れていることを意味するので悪いことではないのですが、身体がその変化に耐えきれず不調が発現してしまうのがクンダリーニ症候群です。

身体の変化を感じる方が増えている

ネガティブなエネルギーが多い3次元の世界から、ポジティブなエネルギーが多い5次元の世界に移行することは誰にとっても望ましいことです。

ただし新しい次元への移行は、今まで抱えていただ価値観や感情を手放すことを意味します。

たとえ、手放すものが悪いことであったとしても、そこには抵抗や空虚感が生じてしまいます。

それによって、頭痛やめまい、だるさや眠気といった身体の変化を感じる方が増えているのです。

アセンションで波動が上がる→クンダリーニが活発になる

身体感覚やスピリチュアル感覚が敏感な方の場合、特に影響を受けやすいのがクンダリーニです。

魂はアセンションに伴ってクンダリーニが活発になることを自ら導きますが、精神や身体はそれについていけません。

ただでさえ、アセンションへの対応で不調が現れているのに、クンダリーニ症候群を同時に抱えると長期的な不調になってしまうこともあります。

アセンションによるクンダリーニ症候群の対処法

アセンションによるクンダリーニ症候群が疑われる場合、まずは病院に行って物質的身体に悪いところがないか診てもらいましょう。

特に悪いところがないのであれば、アセンションへの順応とクンダリーニ症候群によってもたらされている可能性が高いです。

クンダリーニ症候群の頭痛やめまい、だるさや眠気は、エネルギーを大量に消費していることにより生じているものです。

しっかり休む、できるだけ睡眠をとるといったことを意識しましょう。

チャクラを整えることによって、霊的エネルギーをうまく取り込めるように調節していくことも有効です。

目次
閉じる